原因と治療方法

診察中

ニキビが治ったと思ったらクレーターのように凹凸のニキビ跡が残ってしまって悩んでいる人は多いです。特に、最近は女性だけでなく男性も美意識がたかくなっているので、なんとかしてニキビ跡消す努力をしている人もいます。ここでは、ニキビ跡ができる原因を突き止めてその解決方法を提示したいと思います。そもそもニキビ跡にはいろいろなタイプがあります。色が赤いものがあったり、紫色のものであったり、凹凸状のものであったりと、さまざまです。ここでは日常よく見かける凹凸のできるニキビ跡は炎症になどによってコラーゲン組織の破壊を誘発しているケースです。炎症の回復のためにコラーゲンが消費されているのですが、その減った部分がヘコミとして表れてくるのです。

赤みになるニキビ跡消す場合は、その治療は簡単です。たとえば、ターンオーバーによる改善が挙げられます。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりを意味しますが、不規則な生活を送ることで、これが正常に機能しないことがあります。正常化させるために規則正しい生活習慣を作ることが改善方法になります。また、クレーターなどのようなニキビ跡消す場合は、ホームケアでは不十分です。ターンオーバーは皮膚の表面の出来事で、クレーターのニキビ跡はそれよりも深い皮下組織のトラブルだからです。この場合はクリニックに行ってレーザー治療を受けることが唯一の治療方法になります。たとえば、フレクセルレーザー治療であれば、レーザーを患部にあてることで失われたコラーゲンを再生させてニキビ跡消すことができるのです。

日常的な肌症状を避ける

顔

体の内外から影響を受けやすい肌表面では、代表的な症状としてニキビが挙げられる。またその後に残るニキビ跡も厄介とされる。現在では耐性菌が起きる心配の少ない薬剤や、肌の成長を促す成分の開発など、今後に期待が持てる研究が続いている。しかしクレーター状の段階だと治療が困難となるため、早めの対処が求められる。

肌トラブルを即解消

笑顔

肌トラブルの中でもとりわけ悩みを抱える人の多いニキビ症状、解消のためには専門の医療機関を受診していくのがオススメです。より短期間で、そして確実な治療を福岡で受けたいという場合には、事前に病院の評判を口コミ等でチェックしていくのがおすすめです。

バランスの良い素肌が大切

鏡を見ている女性

ニキビが生じる原因は、不均衡な食事やストレス、ゆすぎ残しなどいろいろなので、改善方法も誘因と同時に 対応してしていきます。どういったニキビの改善方法でもいえることはバランスのとれた生活が基礎となります。